フィラリア予防薬は病院へ行かなくても入手可能!

黄色の薬
束になっている薬シート

投与前の検査を忘れずに!

フィラリア予防薬を投与するにあたって、いくつか注意しなければいけないことがあります。安全にワンちゃんたちを守るために最低限の知識を身につけましょう!ここでは、投与する際の注意点について紹介していきます!

白と緑の錠剤

病院へ行かずに予防できる

フィラリア予防薬は実は病院へ行かなくても手に入れることが可能です。もちろん、日本では薬事法が厳しいので病院で処方してもらう必要がありますが、ある方法を利用することで入手可能になるのです!

茶色の薬

ルールを守って利用する!

個人輸入代行を利用するには、いくつかの条件があります。法律に沿って、ルールを守って安全に利用しましょう!ここでは利用する際に、注意しなければならないことをまとめていきます!

透明の薬

投与方法は様々!

犬や猫にとって、とても重い病気とされているフィラリア症ですが、正確にフィラリア予防薬を投与することで確実に防ぐことができます。
しかし、人間の私たちと同じく犬や猫も病院や薬を苦手です。薬を投与する際に嫌がることもあるかもしれませんが、心を鬼にしましょう!
ところで、投与方法はご存知でしょうか。初めて犬や猫を飼い始めるといった人には、分からないことだらけなのではないでしょうか。フィラリア予防の方法は大きく分けて3つの種類があり、それぞれ犬や猫がなるべく苦しまないように考えて開発されています。
昔からある方法で一番シンプルで楽なのが、病院へ行きフィラリア予防薬を注射で投与する方法です。こちらは、1年に1度うつだけでいいので時間のないご主人にはとてもラクな方法となっています。
しかし、犬や猫にも相性があります。副作用を引き起こしたというケースが多く、犬や猫にとってはシンドイ投与方法になります。特に、雑種や血統書付の子は相性が悪く、副作用を引き起こしたというケースが多いので注意が必要です。
そこで、他の投与方法を試すことをオススメします。シンプルに錠剤で犬や猫に飲んでもらうという方法があり、前までは主人の居ないところで吐き出してしまう子がいましたが、現在では餌の形をした錠剤や、味を美味しく改良した錠剤が売っているので、犬や猫たちも自ら食べにいってしまうようです。
或いは、スポットタイプの投与方法も存在します。スポットタイプは犬や猫の皮膚に直接液体を垂らす方法です。こちらも犬や猫にとっては苦しい思いをすることがないのでオススメです。
しかし、月に1度投与する必要があるので、飼い主さんが忘れてしまっては意味がありません。投与し忘れだけは注意が必要です。
どの投与方法であっても、与える前に絶対に感染していないか検査をする必要があるので、1度病院へ連れて行ってあげてください!

シートに入っている薬

Popular article

「フィラリア予防薬は病院へ行かなくても入手可能!」の記事一覧です。